セキュリティ黄金時代から、HI SHARPは車載もAI運用も

2020-08-06 記事

台湾セキュリティ産業が十何年の光栄を歩いてきた後、
2015年赤いサプライチェーンの逆襲で急遽下降になり、
多くの会社はそのプレッシャーを耐えず、つぶされた一方、
その一方に生き残された会社は、
経営者の業務轉換や新分野投資の野心が試練を課されている。

HI SHARP、証券コード3128、1987年創立し、すでに30何年間が経ち、
セキュリティ産業の盛衰を見てきた。
近年運営方向を更なる車載用の監視設備へ踏み、米国や日本市場へ進展している。
また、計画的に資源をAIソフト開発技術に投入したり、
システム整合の能力を開発したりしながら、
トータルソリューションを提供できる会社へ。
HI SHARPの競争優勢はいったい何だろうか?
下記の動画で説明させてください。